ワード ヘッダー ページ 番号。 用紙の縦向きと横向きが混在した文書作成とページ番号の設定方法[Word]

ワード文書にページ番号を直接入力 [ワード(Word)の使い方] All About

ワード ヘッダー ページ 番号

ページ番号はマストですね!ということで、今回はヘッダーとページ番号について説明します。 レポートや卒論を作成する際、 文章の体裁を整えることは 「見栄えの良いレポート」を作る上で とても重要です。 今回は、入れておいた方がベターな「ヘッダー」と、 入れておくことがマストだと思われる「ページ数」の 作成方法について説明します。 ヘッダーの挿入方法 1 リボンの [挿入] タブをクリックし、 [ヘッダーとフッター] から、[ヘッダー] を選択。 2 ヘッダーのスタイル候補が出ます。 今回は、自分で設定する方法を説明します。 [ヘッダーの編集 E ] をクリックしてください。 ページ上部の部分 下図黄色く塗られたエリア に ヘッダーを自由に配置できます。 たとえば、授業名・担当教官名・学部学科ゼミ名・ 学生番号・自分の名前を配置してみましょう。 これらを改行しながらテキスト入力します。 4 入力後の段階では、テキストはすべて左側に寄せられています。 ヘッダーの右側に配置したい項目については、 目的の行にカーソルを置き、[ホーム] タブの [段落] にある [文字列を右に揃える] をクリックします。 5 指定した行が右側に寄せられました。 入力したヘッダーが他のどのページにも入ります。 この説明のヘッダー事例のほうが見やすいよなぁ。 早く知りたかった 笑 私の場合は、1ページにできるだけ多く文字を入力できるようにしたくて、ヘッダーは一行でという目標を掲げて、「大学名、所属科名、科目名、学籍番号、名前」という項目をフォントサイズを下げて入れていました。 ページ番号の挿入方法 次にページ番号を挿入します。 1 リボンの [挿入] タブをクリックし、 [ヘッダーとフッター] から、[ページ番号] をクリックすると、 ドロップダウンリストが表示されます。 [ページの上部] ヘッダー 、[ページの下部] フッター 、 [ページの余白] 文書横の余白部分 や [現在の位置] など、文書内でページ番号を 表示する位置を選びます。 すべてのページに番号が表示されるわけではありません。 今回はページの下部にページ番号を表示させたいので、 [ ページの下部 B ] を選択します。 2 ページ番号の書式候補が並んだギャラリーが 表示されますので、好きなものを選択します。 用意された書式は、シンプルに番号だけのものから、 数字に線がついたタイプなど様々ありますので、 スクロールして探してください。 今回は、[シンプル] の [番号のみ 2] を選択。 ヘッダーの中央にページ番号が表示されました。 なお、ページ番号がグレー表示されていますが、 印刷時には数字だけになります。 [太字の番号1] はフッターの左側、 [太字の番号2]はフッターの中央、 [太字の番号3]はフッターの右側に表示されます。 3 ページ番号のスタイルを変更するには、 [ページ番号] のドロップダウンリストから [ページ番号の書式設定] をクリックします。 番号書式リストから、好きな書式を選択し、 [OK]ボタンをクリック。 -1- -2-などのスタイルが選べます。 さて、ここまで簡単にヘッダーと ページ番号の挿入方法の基本について説明しました。 ただ、これだけだと、文書に同じヘッダー等が 表示されることになります。 「表紙だけ、違うヘッダーを入れたい」 「目次のページにはページ番号を入れたくない」 という時も少なくないはず。 そういった場合は、文書をグループに分けて 設定できる[セクション]という機能を使うと 簡単に設定できます。 人気の記事• 今回は「数式機能」をとりあげます。 Word 文書に、[数式]ツールバーを使用して 数... 2017年6月7日 に投稿された カテゴリ: ,• こちらのページでは、 Microsoft Office 2010版 「ITスキル」Word... 2017年3月16日 に投稿された カテゴリ: ,• Part2では、「図のレイアウト」と「アンカーの使い方」について取り上げます。 文章内での... 2017年5月23日 に投稿された カテゴリ: ,• 4回にわたって説明してきた図の設定についての説明は今回が最後です。 図Pa... 2017年6月2日 に投稿された カテゴリ: ,• 社会人学生として、例えば通信制の大学や、 科目履修生などで学んでいる場合でも、 「学割(学生割引)」がきく... 2017年7月11日 に投稿された.

次の

ワード文書のページ番号を自由に変える設定方法

ワード ヘッダー ページ 番号

<目次>• これらの"変化するデータ"を入力しておけば、1つ1つを入力しなくても、1ページには「1」、2ページには「2」……という具合に、Wordが自動的に数値を変えて表示してくれるのです。 このようなデータを入力するのに便利なのが、[ヘッダーとフッター]ツールバーです。 ここに用意されているボタンをクリックすれば、ヘッダーやフッターに必要なデータを簡単に入力することができます。 ここでも、[ヘッダーとフッター]ツールバーを使ってページ番号を挿入してみましょう。 ヘッダーとフッターが編集できるモードになり、[ヘッダーとフッター]ツールバーが表示されます。 なお、直後はヘッダーでカーソルが点滅する状態になります。 カーソルがフッターにジャンプし、フッターを編集できる状態になります。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[ページ番号の挿入]ボタンをクリックします。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[ページ番号の挿入]ボタンをクリックします。 フッターにページ番号が挿入されます。 フッターにページ番号が挿入されます。 ページ番号の直前に「Page 」と入力します。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。 または、本文エリアをダブルクリックします。 ページ番号の直前に「Page 」と入力し、[閉じる]ボタンをクリックします。 フッターに「Page 1」「Page 2」……の形式のページ番号が挿入されました。 フッターに「Page 1」「Page 2」……の形式のページ番号が挿入されました。 もちろん、「Page」という文字は自由です。 「P」でもかまいませんし、ページ番号の後ろに「頁」と入力してもかまいません。 そのあたりは、作成する文書に合わせて、柔軟に変更してください。 総ページ数を追加する [ヘッダーとフッター]ツールバーを使えば、総ページ数も挿入できます。 総ページ数は文書全体のページ数のことです。 たとえば、文書が30ページあれば総ページ数は「30」ですし、文字が増えて32ページになれば総ページも「32」となります。 フッターに入力したページ番号をダブルクリックします。 フッターに入力したページ番号をダブルクリックします。 フッターが編集できる状態になったら、ページ番号の直後にカーソルを置きます。 フッターが編集できる状態になったら、ページ番号の直後にカーソルを置きます。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[ページ数の挿入]ボタンをクリックします。 ページ数(文書全体の総ページ数)が挿入されます。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。 または、本文エリアをダブルクリックします。 ページ数(文書全体の総ページ数)が挿入されたら[閉じる]ボタンをクリックします。 「総ページ数」の箇所は、文書のページ数が変化すれば自動的に変化します。 もちろん、総ページ数の部分も、他の文字と組み合わせることができます。 ページ番号のフォント、サイズ、位置を設定する ヘッダーやフッターに挿入したページ番号や総ページ数、組み合わせた文字には、フォントやフォントサイズ、文字飾りなどを自由に設定することができます。 もちろん、設定したフォントや飾りは、そのページだけでなく、すべてのページのページ番号に反映されます。 フッターに入力したページ番号をダブルクリックします。 フッターに入力したページ番号をダブルクリックします。 フッターが編集できる状態になったら、ページ番号中にカーソルを置いて、[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタンをクリックします。 ページ番号中にカーソルを置いて、[書式設定]ツールバーの[中央揃え]ボタンをクリックします。 ページ番号がフッターの左右中央に配置されます。 ページ番号がフッターの左右中央に配置されます。 ページ番号全体をドラッグして選択します。 [書式設定]ツールバーの[フォントサイズ]でフォントサイズを選択します。 ここでは「14pt」を選択してみました。 ページ番号全体を選択してフォントサイズを設定します。 続けて[書式設定]ツールバーの[フォント]でフォントを選択します。 ここでは「Comics Sans MS」というフォントにしてみました。 もちろんフォントは自由です。 フォントを変えると文書の雰囲気も変わるので、いろいろなフォントを試してみてください。 続けてフォントを設定します。 ここでは「Comics Sans MS」というフォントにしてみました。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。 または、本文エリアをダブルクリックします。 [ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。 ページ番号が完成しました。 ページ番号が完成しました。 次回はこんなページ番号に挑戦します 次回は、次のような絵入りのページ番号を作ってみたいと思います。 もちろん、2ページ目は「Page2」、3ページ目は「Page3」……と表示されます。 今回紹介した機能をちょっと応用するだけで、このような面白いページ番号も作成できるようになります。 次回はイラストとページ番号を組み合わせてみます。 どうやって作ったかわかりますか? 次回までの、お楽しみ! 【関連記事】•

次の

Word 2016でページ番号を付ける:Word 2016基本講座

ワード ヘッダー ページ 番号

今日は、既存のフッターはそのままに、ページ番号だけを追加する方法を紹介します。 まず、ページ番号を設定する時の注意点を確認しておきます。 上の画像のように、「ページ番号」ボタンの「ページの下部」から番号のスタイルを選択すると、既存のフッターが消えてしまいます。 ページ番号はページの下に印刷することが一般的なので、つい「ページの下部」からスタイルを選びがちですが、ここにある選択肢は、フッター全体を置き換えるものだと理解しておきましょう。 既存のフッターを残したまま、ページ番号を設定するには、まず、フッター領域をダブルクリックします。 すると、フッター領域の編集モードになりますね。 次に、上の図のように、フッターに入力された文字の末尾をクリックして「Tab」キーを押します。 これで、カーソルがページの中央に移動します。 この状態で、「デザイン」タブの「ヘッダーとフッター」グループにある「ページ番号」ボタンをクリックします。 表示されたメニューでは「現在の位置」からページ番号の書式を選んでください。 「現在の位置」から選択すれば、カーソルのある位置にページ番号だけが挿入されます。 結果はこうなります。 設定済みのフッターがちゃんと残っていることが分かります。 あとからページ番号だけを追加したいときにお使いください。 <関連記事> ・奇数ページと偶数ページで異なるヘッダー・フッターを設定したい ・表紙と裏表紙をセットでWord文書に追加したい.

次の