ひとつ よしなに。 マジやめて!「よしなに」の意味を誤解した使い方が厄介すぎる

ひとつよしなに

ひとつ よしなに

上記の「山吹色のお菓子」と同じコンセプトで、パッケージには、 「お代官様 ひとつ これでよしなに」 「おぬしもなかなか悪じゃのう」 と、声に出して言いたい日本語が書かれています。 さて、開けてみましょう。 「開運招来小判」……? うわ! ほんとに小判が入ってる!! ……とはいえ、もちろん本物の金小判ではありません。 入っている小判はレプリカ。 つまり、ジョークです。 でもちょっとうれしいリアルな質感。 これ1枚1枚が小判と考えれば、かなり高まるんですが、しょせんレプリカとせんべい……と思うでしょ? 5人でおのおのおせんべいの袋を選び、同時に出してみました。 おわかりでしょうか? 小判の形を模したせんべいですが…… 5枚に1枚の割合で、金箔付きのせんべいが入ってるんです。 ちょっとした運試しに、みんなで開けると楽しいです。 楽しいジョーク、徹底した遊び心。 小判型せんべい「これでよしなに」は、門前仲町の菓子舗「みなとや」で買うことが出来ます。 ぜひあなたも今年一番キメたい時、ご挨拶の折、手みやげにひとついかがでしょうか。 「お代官様 ひとつ これでよしなに」 「おぬしもなかなか悪じゃのう」 このやりとりも、忘れずに!w みなとや 東京都江東区門前仲町2-4-9.

次の

顔線芸人

ひとつ よしなに

よしなにとは、「うまい具合に」という意味合いを持つ言葉です。 また、「どうぞよしなに」や、「よしなにお願いします」など、ほかの言葉と組み合わせる事で、さまざまな意味を持たせる事もできます。 近年ではあまり使われなくなったよしなにという言葉ですが、効果的に使えば非常に美しい印象を相手に与える事ができます。 この記事では、よしなにの意味と、具体的な使い方を解説していきます。 よしなにの意味 よしなには、「うまい具合になるように」「よいように」「よろしく」という意味です。 少し曖昧な表現を持っている言葉であり、具体的な指示を行うというよりは、ぼかした表現であるといえます。 よしなにという言葉には、相手に物事の判断を委ねるというニュアンスがあるという事です。 ビジネスの場合 よしなにをビジネスシーンで使う場合、あまり具体的な指示には使用しないようにしましょう。 相手に判断を委ねる言葉であるよしなにでは、自分が描いている内容と違う結果になってしまう危険性があります。 もし、相手から「どうぞよしなに」と指示を受けた場合は、指示の内容や成果物のイメージをあらかじめその場で確認するようにしましょう。 そうすれば、失敗ややり直しを防げるようになります。 よしなにの語源 よしなにの語源には諸説ありますが、日本神話から生まれたという説が有力です。 故事によると、「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」が三つ子を産んだ際、信濃の県主4人がお祝いに駆け付けてきたといいます。 その際、3つしかないへその緒を分けなければならず、「4人の信濃にはからう」という言葉から、「よしな(四信濃)にはからう」と変化し、お互い喧嘩しないように分け与えることを、「よしなに」と言うようになりました。 よしなにの類語 よしなにの類語は、「適切に」「然るべく」「適宜」などです。 よしなにという言葉は「どうぞ」や「あとは」を付け加えて使用する事で、多様な意味を持ちますが、基本的には「ほどよく」というニュアンスで使われています。 よしなには、使い方に注意すれば普段の生活のいろいろなシーンで使える言葉です。 よしなには大和言葉の一つであり、効果的に使えば日本人の心の機微を繊細に美しく表現してくれます。 ビジネスシーンでも、美しい響きを持つ大和言葉は注目されてきており、お年寄りだけでなく若者でも使う人が増えてきています。 ここでは、よしなにを効果的に使う方法を、例文を交えてご紹介していきます。 しかし、絶対に使うべきでは無いという事ではなく、注意すれば使える場面も存在します。 よしなには目上の人が使う場合が多く、上司から使われる事はよくあります。 その場合、いつまでに何をすればいいのかをきっちりと確認しておきましょう。 後々のトラブル防止に繋がります。 相手にやわらかい印象を与え、日本の和の心を伝える事に適しています。 現代語に直すと、「どうかよろしく」となります。 比較的フランクな言葉なので、親交の深い相手に使うようにしましょう。 ビジネスシーンでは、後述の「どうぞよしなにお願いします」の方が適しています。 よしなに自体が曖昧なニュアンスを持った言葉であり、意味が複数存在しています。 相手に対して、あなたの思うとおりにやってみてくださいという言葉なので、自分が想定している結果にならない場合があります。 その事を十分に理解して、よしなにという言葉を使うようにしましょう。 どうぞよしなにをより丁寧な言葉にしたもので、目上の人に対しては、こちらを使用するようにしましょう。 逆に、親交の深い人に使うと他人行儀な印象を与えてしまう可能性があるので、どうぞよしなにと場面によって使い分けてください。 例文 「どうぞよしなにお願いします」の例文 「今後ともどうぞよしなにお願いします」 (相手によろしく伝えてほしい場合に)「どうぞよしなにお願いします(お伝えください)」 「本日の件、どうぞよしなにお願いします」 よしなにに対する上手な返し方 よしなには、よい具合になるようにという意味ですので、相手から要望として使われた時は「承知しました」、自分の要望が受け入れられた時は「ありがとう御座います」と返しましょう。 相手にして欲しい事、相手がして欲しがっている事が曖昧な場合は、よしなにだけで済ますのではなく、具体的な説明を求めるようにしましょう。 大和言葉を正しく使うために役立つ本をご紹介 こちらの本では、大和言葉を文章と絵で学ぶ事ができます。 大和言葉は古きよき日本の心を伝える言葉であり、正しく使る人は、学があり清潔な印象を相手に与える事ができます。 大和言葉の意味を堅苦しい表現ではなく砕けた文章で伝えているため、非常に読みやすい本となっています。 ぜひ一度目を通してみてください。 よしなにはうまく使えば美しい言葉であり、やわらかい印象を相手に与えますが、使わない方がいい場面もあります。 特に、人と人との意思統一が大事な場面でよしなにを使うと、想定外の結果が出てしまう事もあるので注意が必要です。 よしなにを使えない場面を、解説いたします。 具体的な指示をしたいとき 具体的な指示をしたい時に「よしなに」を使うと、相手に正しく意味が伝わらない事があります。 指示を出した人間と指示を出された人間との間でイメージに齟齬があると、やり直しを繰り返さなければいけない羽目になり、とても無駄なやり取りとなります。 特に、細かい指示を相手に出したいときは、「どうぞよしなに」は控えた方が良い言葉と言えます。 ビジネスにおいて業務を依頼したいとき よしなにという言葉は、大和言葉特有の優しく美しい響きを持つ言葉で、相手に上品な印象を与えて人間関係を豊かにしてくれる言葉です。 使える場面は限定されていますが、ある程度相手に任せても問題ない場面や、きっちりとした約束が必要無い場面では、使える言葉となっています。 ビジネスシーンでは使えない場面もありますので、意味をよく理解して、使いこなせるようになりましょう。 さらに詳しく知りたい人はコチラ よしなにの意味と使い方をもっと知りたい人や、日本語の正しい使い方をもっと知りたい人に向けて、役立つ記事をご紹介いたします。 特に、よろしくお伝えくださいという言葉は頻繁に使うので、使用法を正しく理解すれば必ず役に立ちます。 興味のある方は、ぜひ一度ご覧ください。

次の

ひとつよしなに。

ひとつ よしなに

「よしなに」とは?意味と語源 そもそも「よしなに」の意味と語源はなんでしょうか。 <よしなにの意味> 「よいように」というのが本来の意味で、現代では 「適当に」「よろしく」とかの意味に使われるようになっています。 この「よしなに」という語源の由来は、天孫ニニキネのお妃である「このはなさくやひめ」が三つ子を産み、お祝いに駆け付けてきた4人に、3つしかない胞衣を分けなければならなかったからで、「よしなにはからう」つまり、 お互い喧嘩しないように分け与えることに苦慮したことが語源になっています。 (出典:) つまり「よろしく」「(適切という意味での)適当」ということです。 曖昧ですよね。 この曖昧さがクセモノなんです。 「よしなに」が厄介な理由 軽い雑談で「よしなに」が使われる分には問題ありません。 しかし 仕事のやりとり(=ビジネス・コミュニケーション)における「よしなに」は避けるべき厄介ワードです。 なぜなら、「よしなに」の意味の曖昧さが 無駄の温床になるからです。 例として、上司から「資料をよしなに作って」と依頼された場合を考えてみましょう。 (夜10時かよ……) いかがでしょうか。 この1~2往復目、無駄ですよね。 「よしなに」からの「イメージと違う」、そして「いい感じ」というコンボ。 これではレビューと直しの往復回数が増えるだけで、資料作成完了がどんどん後ろ倒しになるだけです。 こうなる原因を、「よしなに」の生む 2つの曖昧さでひもといてみましょう。 「よしなに」は期待値が曖昧すぎる 「よしなに」系の依頼は、 成果物(アウトプット)に対する期待値、つまり仕事の完了条件が曖昧になりがちです。 これではゴールが見えず、どうすれば終わるかわからないままもがき続けるしかなくなります。 頼まれる側に対し、期待値が正しく伝わらない典型的な頼み方が「よしなに」なのです。 最悪なのは、依頼する側すら仕事の完了条件を理解していないパターン。 とりあえず「よしなに」で振っておき、出てきたものをレビューするスタンスで仕事を依頼されたとしたら、エンドレスなスパーリングが深夜まで続くことになります。 「よしなに」は責任範囲が曖昧すぎる 「よしなに」とだけ依頼すると陥るのが、 何をどこまで自由にやって良いのかわからないという罠です。 ありがちなのがこちらのパターン。 よしなに=全部お任せ、か。 先方の想定するあなたの責任範囲は、次の4つのどれだと思いますか?• そもそも何を伝えるのかを含めて全部任せる• 言いたいことが伝わるなら資料のレイアウトは自由でいい• 資料のレイアウトが「よくあるパターン」であれば細かい表現は任せる• 1つ1つ細かな表現に至るまでレビューする 全くわからないですよね。 責任範囲が曖昧なまま人に仕事を振る頼み方。 それが「よしなに」なのです。 本当は10だけ作ればよかったのに念のためで100作り込んでしまい、結局90にかけた労力が無駄になった……なんていう悲劇が「よしなに」の一言で起こってしまうわけです。 「よしなに」を仕事で使ってしまう理由 このように仕事において厄介すぎる「よしなに」という言葉。 なぜまかり通ってしまうんでしょうか。 理由はだた1つ。 怠慢です。 仕事を頼む側の怠慢 仕事を頼む側からすると「よしなにお願い」は楽です。 空気や行間を読んで自分の期待通りのものをもってきてね、なので しかし、これはただの怠慢です。 期待値や責任範囲を明確にするという、依頼側の責務を放棄しています。 仕事はきちんと設計し、伝えるべきことを正確に伝えないと回りません。 たとえば1時間後の自分に「よしなに」と指示したとして、未来の自分はきちんと動けますか? 仕事を受ける側の怠慢 仕事を受ける側にも怠慢があります。 「よしなにお願い」と言われたとき、期待値や責任範囲の認識にズレがないか検証せず、脊椎反射的に「はい」と言う。 「仕事は指示する側が設計すべき」「自分は指示をこなすだけ」と考える。 これではいつまでたっても「よしなに」被害は避けられません。 指示された側がその内容を検証し、情報不足を指摘しないと、依頼側の怠慢による「よしなに」は是正されることなく続くのです。 「よしなに」による無駄を防ぐ方法 このような「よしなに」による時間&労力&精神面での無駄な被害はどうすれば防げるのでしょうか。 ひとつ、いいツールがあります。 成果物イメージです。 成果物イメージとは 成果物イメージとは、 実際に作るものの設計書です。 その仕事の目的はなにか• 目的達成のために作るべき成果物はなにか• 成果物には何がどう表現されていればよいか これら要点を、成果物作りを始める前に固めてしまうためのツールです。 コンサルの人たちは アウトプットイメージと呼びます。 成果物イメージの具体例:Excel たとえばExcelでデータを集計・分析する場合、下記ポイントを成果物イメージの段階で決めるべきです。 分析結果サマリシートのレイアウト(分析の軸)• 何をどう分析するかのロジック• 集計元のデータシートの縦軸(行)と横軸(列)• 収集するデータの範囲と粒度 こうすることで、どんなデータをどの範囲・粒度で集めればよいか明確になりますね。 すると不要なデータを集める無駄を省けますし、収集が難しいデータがあるリスクも事前に検知できます。 成果物イメージの具体例:パワポ たとえばパワポでプレゼン資料を作る場合、成果物イメージの時点で決めるべきは下記です。 目次(全体のストーリー)• 各章のスライドの構成(章別のストーリー)• 各スライドで伝えるべきこと(1スライド1メッセージ)• それをどのように表現するか(ロジックやレイアウト)• それを裏付けるために必要なインプット ここまで決まっていればあとは作るだけ状態でしょう。 各スライドのつながりが保てるなら、各スライドを複数人で分担して作れそうです。 作業分担の観点からも、成果物イメージは重要なんです。 「よしなに」依頼に対して言うべきこと ここで大事なことが1つあります。 成果物を作り始める前に成果物イメージを合意することです。 こうすることで、• 期待値や責任範囲の想定を確認できる• これらが曖昧な場合、その場で決められる• その他こだわるべきポイントを先出しで把握できる といったメリットがあります。 もし誰かから「よしなに作って」と言われた場合、 「承知しました。 ではまずは成果物イメージの認識合わせをさせてください」 と議論をふっかけましょう。 もちろんこれは次善策であって、そもそも「よしなに」を使わないほうが正しい姿ではあるのですが。 まとめ:「よしなに」は仕事で使わないで 以上、 「よしなに」は仕事では使ってはいけないというお話でした。 プライベートであれば「よしなに」は• よしなにお願いします• どうぞよしなに など「よろしく」と同じ意味を美しく表現する日本語です。 しかし仕事とプライベートは違います。 仕事において曖昧さは無駄の源なのです。 もし仕事で「よしなに」を使いたくなったら、 「よしなにって、具体的には?」という問いをかけるよう心がけましょう。 【良しなに】と言うのは、【良い様に(なるように)】【良い具合に(なるように)】という意味です。 つまり、目的の物事が【良くなる様に】(出来るだけ最善を)尽くして欲しい時に使う言葉です。 そこに「適当に」という意味はありませんし、「よろしくね」でもありません。 出来るだけ良くなる様に。 (例え適当、大まかでも「最善を尽くせ」という意味を強調する言葉。 (自分もあなたを良くしますから)良くして下さいね。 (相互関係が、より良くなる様に努めましょうと言う意味).

次の