インスタ 動画 1分以上 分割。 インスタ「分割投稿」の方法

インスタストーリーズ動画15秒以上撮影可能に!「自動分割してくれる新機能」+「カメラロールからアップ時も自動トリミング」🎥やり方を動画で解説!Instagramストーリー新機能/アップデート最新情報2018

インスタ 動画 1分以上 分割

投稿できる動画の時間の長さは、3〜60秒という枠組みの範囲内で決められており、3秒以下や60秒を超える動画の投稿はできません。 そのため、インスタグラムに動画を投稿する際には、動画がどれぐらいの長さになっているのかを確認してください。 3秒以下には中々ならないでしょうから、 60秒を超えていないかだけでも注意深く見ておくようにしましょう。 2.インスタグラムの動画の投稿できる時間が見直された理由 インスタグラムに投稿できる動画は、元々 最大でも15秒という制限が課されていました。 サーバーへの負荷などを考えてのことだと言われていますが、当時はまだ動画を情報発信のツールという点では定着していなかったのです。 ところが、インスタグラムを利用する者が動画再生をする時間が長くなり、インスタグラムへの滞在時間も長くなっていることを確認。 他のアプリなどに流出するのを防ぐ狙いで、動画の時間を15秒から60秒に変更したんですね。 でも、 「どうして60秒という短さなんだろう」という疑問は、払拭されないままでしょう。 Youtubeなどでは60秒を超える動画をアップロードできるため、 60秒は短すぎると考える人は多いです。 インスタグラムによれば、60秒に制限した理由は長い動画を最後まで視聴する人は少ないので、長くする必要はないとのこと。 それでも 60秒では伝えたい情報がまとめられないとの意見も多いので、その声がより大きくなれば再び動画時間の見直しがあるかもしれません。 3.インスタグラムの動画の視聴回数がカウントされるタイミング インスタグラムでアップロードされた動画には、 「再生回数」が用意されており、どれだけの人が閲覧してくれたのかが分かります。 ただし、「誰が視聴した」という具体的な情報が表示されるのではなく、あくまでも 「再生回数」のみです。 気になるのは、動画の再生回数がカウントされるタイミングですよね? ストーリーに投稿できる動画の時間は、通常の投稿とは異なる最大でも15秒となります。 かなり短い時間しか用意されていないので、最低限の情報を発信する際などにのみ使える程度と考えるのが良いでしょう。 5.インスタグラムに投稿できる動画の時間を調整する方法 インスタグラムにアップロードできる動画の時間は最大でも60秒です。 カメラロール内にある動画を投稿しようと考えたとき、 60秒を超えているのであれば残念ながら投稿することは出来ません。 それでも、「どうしてもその動画を使いたい」という時もあるでしょうから、インスタグラムには動画を60秒に調整できる機能が備わっています。 単純にそれを使うと、スタートから60秒後のところで強制的に切れてしまうというものです。 60秒を超える動画で、「ここだけは見せたい」という部分を手動で調整して60秒にまとめる必要が出てきます。 以下から、動画の時間を調整する方法について紹介しますね。 すると撮影モードに切り替わるので、スマホ端末に保存されている 投稿したい動画を選択します。 動画が画面に大きく表示されるようになったら、画面右上にある 「次へ」をタップ。 動画編集モードに画面が切り替わるので、画面下部にある 「長さ調整」という項目を選択しましょう。 そうしたら、もう一度動画をタップ。 すると、 長さを調整できる画面になるので、画面下部にあるタイムラインを左右に動かすなどして、動画の開始部分を変更できます。 調整が完了しましたら、画面下部にある 「完了」を選択してください。 最後に、画面右上にある 「次へ」を選択したら、あとはいつも通り投稿すれば完成です。 また、インスタグラムの編集機能を使わずとも、iPhoneに備わっている編集機能またはストアにあるアプリなどを使って編集も可能です。 はこちらの記事で書いています。 6.インスタグラムの動画が時間内なのに投稿できない場合の対処法 インスタグラムで便利な動画の投稿ですが、時間内でまとまっているのに何故かアップロードできない…。 動画で情報を発信したいのに、出来ないこともあります。 考えられる原因と対処法は次の通りなので、一つずつ確認してみてくださいね。 何度も投稿に失敗する、以前は問題なかったのに急に投稿ができなくなった。 こうした状況に陥っているのであれば、 インスタグラムのアプリあるいはスマホを再起動してみましょう。 まずはインスタグラムが、最新バージョンになっているかをチェックし、バージョンが古ければアップデートしてみてください。 次に、スマートフォンが古いバージョンで使用していたら、アプリの起動や操作面で 不具合が起こる可能性があります。 こちらも確認してみて、新しい更新プログラムなどがあるならば、更新してみましょう。 インスタグラムの動画時間まとめ ここでは、 インスタグラムにアップロードできる動画の時間の長さや変更理由、投稿や編集方法などについて紹介していきました。 元々、投稿できる動画は15秒でしたが、需要が増えてきたことを見越して60秒に伸ばした経緯があります。 それでも60秒という長さは、ユーザーにとっては短いと感じる部分でもあるので、時間に関しては 今後長くなる可能性があるでしょう。 動画の時間を調整する方法は色々あるので、自分に合った方法を選びインスタグラムで楽しく情報を発信したいですね! インスタグラムが提供する動画アプリ。

次の

Twitterで140秒以上の長い動画を上げる方法と動画を上げられない場合の対処法を徹底解説

インスタ 動画 1分以上 分割

インスタグラムには通常の投稿やストーリーズ、コレクション、タグなどいろいろな機能がありますが、検索画面の上のほうにひっそりとある「IGTV」という機能はご存知ですか? 写真を投稿したりストーリーズをアップしたりしていても、このIGTVは使ったことがない、機能を知らない、「アイコンは見たことがあるけど使い方がよく分からない」という方もいらっしゃると思います。 この記事では、Instagramで1分以上60分以下の動画をシェアできる「IGTV」の特徴や使い方、作り方、インスタ集客で活用する方法についてご紹介します。 InstagramのIGTVとは? 一般的にInstagramというと、「画像を投稿するアプリ」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? 実は、アップロード後、24時間で消えてしまうストーリーズよりも、きちんとした動画をアップしてインスタ集客に活用したい方におすすめなのがIGTV機能です。 このIGTVはストーリーズほど手軽に投稿はできないものの、写真と同じ感覚で動画を投稿し、プロフィール画面から過去の動画をさかのぼって見られることが最大の特徴です。 まさに、IGTVはインスタグラムの中のYouTubeなのです。 IGTVの使い方 IGTV動画の閲覧方法 アプリの下にあるメニューから虫眼鏡のアイコンをタップして[検索]を開き、画面右上にあるブラウン管テレビのアイコンをタップして[IGTV]のメニューを表示します。 バージョンによって見え方が違います。 この画面では、フォロワーが公開している動画や、Instagramの「おすすめ動画」が表示されます。 サムネイルをタップすると動画が再生され、右から左にフリックすることで次の動画が再生されます。 IGTV動画を投稿する方法 スマホから動画をアップロードする場合、1分〜15分の間の動画を用意します。 カバーを選択する画面が表示されたら、IGTVで動画が一覧になっている時に表示されるカバー画像を動画のフレームの中から選択します。 (スマホのカメラロールに保存されている画像を設定することもできます。 タイトル• IGTVシリーズ追加• 動画を表示するSNSの設定• プレビューを投稿するか 以上の設定をします。 タイトルや詳細は動画のサムネイルの上に表示され、ユーザーが動画を見るかどうかを決める際に重要なので「わかりやすくキャッチーなタイトル」にしましょう! 通常、IGTVにアップした動画は検索画面の右上のアイコンからしか見ることができないので、ユーザーに動画をアップしたことを知ってもらうために「プレビューを投稿」をオンにしてタイムラインに表示させる設定にしておきましょう。 すべての設定が完了したら、画面右上にある「投稿する」をタップして動画を投稿します。 動画アップ後にできる操作 インスタのプロフィール画面から動画をタップし、メニューのアイコンを選択するとリンクをコピーしたり、インサント(ユーザーの反応)などを表示することができます。 この中でも特に「リンクのコピー」と「インサントの表示」という2つの機能をご紹介します。 リンクをコピーする ストーリーズで公開した動画は、InstagramのフォロワーにDMで共有することはできても、URLを取得してお店のホームページにアップしたりFacebookなど他のSNSで宣伝することはできません。 一方でIGTVでは公開した動画のURLを取得できるので、お店のホームページに埋め込んだり、QRコードを作ってパンフレットから動画を見てもらうなど、より自由に動画を見てもらうことができます。 インサントをチェックする Instagramのストーリーズや、写真の投稿など他の機能と同じように、IGTVもユーザーの行動をグラフや数値で表示してインサントすることができます。 「インサントを表示」をタップすると、以下の内容をチェックできます• 動画の再生数• いいね!数• コメント数• 平均再生率 (動画の再生回数は動画が3秒以上視聴された回数を、平均再生率は動画の再生率を指します。 ) 特に、平均再生数がグラフで表示されるので、ユーザーが離脱したタイミング(動画の視聴をやめたか)」についても詳細なデータを分析できます。 IGTV動画の保存方法 動画を再生している状態で、画面左下に並んでいる4つのアイコンのうち一番右にある「…」メニューアイコンをタップし、「保存」をタップするとIGTVの動画を保存できます。 現時点ではIGTVの動画を端末のカメラロールに保存する方法はないので、もしスマホに保存したい場合は「画面録画」の機能などを使用しましょう。 IGTVを活用した集客方法 IGTV動画で店舗への集客方法 24時間で投稿した動画が消えるストーリーズは、リアルタイムの情報をユーザーに適しています。 それに対して、IGTVは動画をアップするとプロフィールからいつでも見てもらうことができるので、お店や商品の紹介などをお知らせするのに活用できます。 メニューの紹介には画像の投稿が向いているかもしれませんが、商品を作っている様子のダイジェスト動画やお店のスタッフからのメッセージなど「過程を伝える」には動画コンテンツが適しているといえます。 例えば、レストランなら料理を作っている動画、エステなら施術を行っている動画、ラーメン屋ならラーメンを食べている動画、猫カフェなら猫と遊んでいる動画、遊園地ならアトラクションを楽しんでいる動画などなど、色々なものを動画で表現できます。 お店のジャンルや雰囲気によって具体的な活用方法は違ってくるかもしれませんが、いずれにしても動画を使うことでフォロワーの印象に残るコンテンツを作ることができます。 更に、IGTVはインスタグラムの投稿やストーリーズの投稿ではできない、詳細欄にURLを貼ることができるのです。 このURLは通常のインスタ投稿から見たときにはリンク先に飛ぶことはできないですが、「IGTV」ボタンやアプリから見ると、リンク先に飛ぶことができます。 そのため、IGTVの動画でお店や料理、施術などを紹介して、予約サイトへ誘導したり、ホームページに飛んでもらったりできるのです。 直接集客ができるので、この機能は大きいですよね! IGTV動画から他のSNSやブログへ集客する方法 次に、IGTVはYouTubeやブログなどへの集客することができます。 これは上の理由の通りですが、詳細欄にURLを貼れるので、そこで直接他の媒体へ誘導することができます。 特に、YouTubeに誘導してアクセスアップさせるのに最適で、途中までIGTVで動画を流して、全編はYouTubeに飛んで見てもらうことができます。 また、力を入れているブログやツイッターなどのSNSがあれば、そちらに誘導することもできます。 こうやってアクセスアップしたり、メイン媒体に誘導して集客したりしています。 IGTVをSNS集客する際の注意点 IGTV機能の使い方や特徴などをご紹介しましたが、実は「画像をシェアするSNS」という認識が強いInstagramにおいてIGTVは多くの人に浸透していないのが現実です。 しかし、IGTV機能を知っている人が少なくても、アップした動画はストーリーズで宣伝ができたり、インスタ投稿としてタイムラインの表示からIGTVに誘導できたりする効果があります。 IGTVをアップするときは動画を「プレビューをタイムラインに投稿する」を選択してインスタのタイムライン(フィード)にも流れるようにするのがオススメです。 まとめ この記事では、Instagramの中でも意外と活用する人が少ない「IGTV」の作成方法や使い方、集客方法、SNS運用での注意点などについてご紹介しました。 少し手間がかかるところはありますが、公開後24時間で消えてしまうストーリーズと違って、長期間にわたってユーザーに見てもらえる動画をアップできるところがIGTVのメリットです。 1分〜15分(パソコンからの投稿なら一定条件をクリアすれば1分~60分)と、インスタとしては長めの動画を公開できるので、 お店や施術などの紹介だけでなく、スタッフからのメッセージや料理を作っているシーン、施術を行っている場面など「過程を伝える」ための動画として活用してみると良いですよ! 画像・写真の共有に強いInstagramとIGTVの動画をかけ合わせて、SNS集客に活用していきましょう!.

次の

Twitterで140秒以上の長い動画を上げる方法と動画を上げられない場合の対処法を徹底解説

インスタ 動画 1分以上 分割

インスタグラムには通常の投稿やストーリーズ、コレクション、タグなどいろいろな機能がありますが、検索画面の上のほうにひっそりとある「IGTV」という機能はご存知ですか? 写真を投稿したりストーリーズをアップしたりしていても、このIGTVは使ったことがない、機能を知らない、「アイコンは見たことがあるけど使い方がよく分からない」という方もいらっしゃると思います。 この記事では、Instagramで1分以上60分以下の動画をシェアできる「IGTV」の特徴や使い方、作り方、インスタ集客で活用する方法についてご紹介します。 InstagramのIGTVとは? 一般的にInstagramというと、「画像を投稿するアプリ」というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか? 実は、アップロード後、24時間で消えてしまうストーリーズよりも、きちんとした動画をアップしてインスタ集客に活用したい方におすすめなのがIGTV機能です。 このIGTVはストーリーズほど手軽に投稿はできないものの、写真と同じ感覚で動画を投稿し、プロフィール画面から過去の動画をさかのぼって見られることが最大の特徴です。 まさに、IGTVはインスタグラムの中のYouTubeなのです。 IGTVの使い方 IGTV動画の閲覧方法 アプリの下にあるメニューから虫眼鏡のアイコンをタップして[検索]を開き、画面右上にあるブラウン管テレビのアイコンをタップして[IGTV]のメニューを表示します。 バージョンによって見え方が違います。 この画面では、フォロワーが公開している動画や、Instagramの「おすすめ動画」が表示されます。 サムネイルをタップすると動画が再生され、右から左にフリックすることで次の動画が再生されます。 IGTV動画を投稿する方法 スマホから動画をアップロードする場合、1分〜15分の間の動画を用意します。 カバーを選択する画面が表示されたら、IGTVで動画が一覧になっている時に表示されるカバー画像を動画のフレームの中から選択します。 (スマホのカメラロールに保存されている画像を設定することもできます。 タイトル• IGTVシリーズ追加• 動画を表示するSNSの設定• プレビューを投稿するか 以上の設定をします。 タイトルや詳細は動画のサムネイルの上に表示され、ユーザーが動画を見るかどうかを決める際に重要なので「わかりやすくキャッチーなタイトル」にしましょう! 通常、IGTVにアップした動画は検索画面の右上のアイコンからしか見ることができないので、ユーザーに動画をアップしたことを知ってもらうために「プレビューを投稿」をオンにしてタイムラインに表示させる設定にしておきましょう。 すべての設定が完了したら、画面右上にある「投稿する」をタップして動画を投稿します。 動画アップ後にできる操作 インスタのプロフィール画面から動画をタップし、メニューのアイコンを選択するとリンクをコピーしたり、インサント(ユーザーの反応)などを表示することができます。 この中でも特に「リンクのコピー」と「インサントの表示」という2つの機能をご紹介します。 リンクをコピーする ストーリーズで公開した動画は、InstagramのフォロワーにDMで共有することはできても、URLを取得してお店のホームページにアップしたりFacebookなど他のSNSで宣伝することはできません。 一方でIGTVでは公開した動画のURLを取得できるので、お店のホームページに埋め込んだり、QRコードを作ってパンフレットから動画を見てもらうなど、より自由に動画を見てもらうことができます。 インサントをチェックする Instagramのストーリーズや、写真の投稿など他の機能と同じように、IGTVもユーザーの行動をグラフや数値で表示してインサントすることができます。 「インサントを表示」をタップすると、以下の内容をチェックできます• 動画の再生数• いいね!数• コメント数• 平均再生率 (動画の再生回数は動画が3秒以上視聴された回数を、平均再生率は動画の再生率を指します。 ) 特に、平均再生数がグラフで表示されるので、ユーザーが離脱したタイミング(動画の視聴をやめたか)」についても詳細なデータを分析できます。 IGTV動画の保存方法 動画を再生している状態で、画面左下に並んでいる4つのアイコンのうち一番右にある「…」メニューアイコンをタップし、「保存」をタップするとIGTVの動画を保存できます。 現時点ではIGTVの動画を端末のカメラロールに保存する方法はないので、もしスマホに保存したい場合は「画面録画」の機能などを使用しましょう。 IGTVを活用した集客方法 IGTV動画で店舗への集客方法 24時間で投稿した動画が消えるストーリーズは、リアルタイムの情報をユーザーに適しています。 それに対して、IGTVは動画をアップするとプロフィールからいつでも見てもらうことができるので、お店や商品の紹介などをお知らせするのに活用できます。 メニューの紹介には画像の投稿が向いているかもしれませんが、商品を作っている様子のダイジェスト動画やお店のスタッフからのメッセージなど「過程を伝える」には動画コンテンツが適しているといえます。 例えば、レストランなら料理を作っている動画、エステなら施術を行っている動画、ラーメン屋ならラーメンを食べている動画、猫カフェなら猫と遊んでいる動画、遊園地ならアトラクションを楽しんでいる動画などなど、色々なものを動画で表現できます。 お店のジャンルや雰囲気によって具体的な活用方法は違ってくるかもしれませんが、いずれにしても動画を使うことでフォロワーの印象に残るコンテンツを作ることができます。 更に、IGTVはインスタグラムの投稿やストーリーズの投稿ではできない、詳細欄にURLを貼ることができるのです。 このURLは通常のインスタ投稿から見たときにはリンク先に飛ぶことはできないですが、「IGTV」ボタンやアプリから見ると、リンク先に飛ぶことができます。 そのため、IGTVの動画でお店や料理、施術などを紹介して、予約サイトへ誘導したり、ホームページに飛んでもらったりできるのです。 直接集客ができるので、この機能は大きいですよね! IGTV動画から他のSNSやブログへ集客する方法 次に、IGTVはYouTubeやブログなどへの集客することができます。 これは上の理由の通りですが、詳細欄にURLを貼れるので、そこで直接他の媒体へ誘導することができます。 特に、YouTubeに誘導してアクセスアップさせるのに最適で、途中までIGTVで動画を流して、全編はYouTubeに飛んで見てもらうことができます。 また、力を入れているブログやツイッターなどのSNSがあれば、そちらに誘導することもできます。 こうやってアクセスアップしたり、メイン媒体に誘導して集客したりしています。 IGTVをSNS集客する際の注意点 IGTV機能の使い方や特徴などをご紹介しましたが、実は「画像をシェアするSNS」という認識が強いInstagramにおいてIGTVは多くの人に浸透していないのが現実です。 しかし、IGTV機能を知っている人が少なくても、アップした動画はストーリーズで宣伝ができたり、インスタ投稿としてタイムラインの表示からIGTVに誘導できたりする効果があります。 IGTVをアップするときは動画を「プレビューをタイムラインに投稿する」を選択してインスタのタイムライン(フィード)にも流れるようにするのがオススメです。 まとめ この記事では、Instagramの中でも意外と活用する人が少ない「IGTV」の作成方法や使い方、集客方法、SNS運用での注意点などについてご紹介しました。 少し手間がかかるところはありますが、公開後24時間で消えてしまうストーリーズと違って、長期間にわたってユーザーに見てもらえる動画をアップできるところがIGTVのメリットです。 1分〜15分(パソコンからの投稿なら一定条件をクリアすれば1分~60分)と、インスタとしては長めの動画を公開できるので、 お店や施術などの紹介だけでなく、スタッフからのメッセージや料理を作っているシーン、施術を行っている場面など「過程を伝える」ための動画として活用してみると良いですよ! 画像・写真の共有に強いInstagramとIGTVの動画をかけ合わせて、SNS集客に活用していきましょう!.

次の