ジープ レネゲード。 ジープの末っ子「レネゲード トレイルホーク」。ややハードル高めな価格が惜しい(carview!)

ジープレネゲードのおすすめオプションとグレードはどれ?徹底調査しました!

ジープ レネゲード

レネゲード 故障、不具合口コミ ・ブレーキパッドから異音が聞こえる。 ・シートベルトから異音がする。 ・エンジントラブルが発生した。 ・スマートキーの反応が悪い時がある。 ・純正ナビが不調、アップデートで少し改善された。 ・自動ドアロックが動作しなかった、再設定した後は正常に動作している。 ジープレネゲードは口コミサイトを確認すると、異音、不具合などの報告が多数確認できました。 特に 異音が聞こえるという報告は複数あって、ブレーキパッド、シートベルトからの異音は多いように感じられました。 異音は修理に出しても発生すると報告している方もいて、不安に感じている方もいるようです。 さらにジープレネゲードはエンジントラブルが発生したという報告も寄せられています。 エンジントラブルが発生した場合、再始動しても直らない時には修理が必要になることも多く、 エンジントラブルは修理費が高額になる可能性もあります。 エンジンに関する不具合報告は少なめでしたが、エンジントラブルの発生報告があるのは、少し怖く感じてしまいますね。 他にもレネゲードには、 スマートキーの反応が悪いという不具合報告も確認できました。 レネゲードはスマートキーのボタンを押すとロックの施錠、解除が行えますが、ボタンの反応が悪く、近く操作してもスマートキーのボタンが反応しないこともあるようです。 フロントドアに装備されているロック施錠、解除のスイッチは反応が良いようですが、スマートキーの反応が悪いと少し離れた位置からのロック解除等ができないので、キーの反応の悪さは不満に感じてしまうかもしれません。 そして、レネゲードは一部の方から ナビが不調で、電気系が弱いという報告があります。 ナビ不調の詳細は報告されていませんでしたが、恐らくナビがフリーズする、電源が付かない等の不具合だと思われます。 さらに一部の方はナビが突然映らなくなり、交換を行ったという報告もあって、ナビの故障率は少し高い印象を受けました。 また、レネゲードは走行中の自動ドアロック機能が付いていますが、 自動ドアロックが動作しなかったという不具合報告が確認できました。 しかし、自動ドアロックは再設定後は正常に動作していると報告が寄せられていて、問題が発生した時には、一時停車して再設定を行えば改善されると思われます。 ジープレネゲードは故障や不具合の報告が多めで、大きな問題となるエンジントラブルの報告もあるので、故障リスクが高い車に感じられます。 グレード名 カタログ燃費 JC08モード 実燃費 e燃費情報 ロンジチュード リミテッド 14. 6~15. 5km 12. 05km トレイルホーク 10. 4km 9. 43km ジープレネゲードは一部グレードの搭載エンジンが違っていて、エンジン別に燃費性能が異なっています。 4Lガソリンターボが搭載されているロンジチュード、リミテッドグレードはカタログ燃費が14. 6~15. 5kmで、実燃費の平均値は12. 05kmとなっていました。 ロンジチュードとリミテッドはカタログ燃費と実燃費平均を比べると、差が約2. 5kmほどで、カタログ値に大きく劣る結果は出ておらず、燃費性能は悪くないように感じられます。 4Lガソリンエンジンが搭載されているトレイルホークはカタログ燃費が10. 4km、実燃費平均が9. 43kmとなっています。 ガソリンターボ車と比べるとカタログ値、実燃費は低めですが、カタログ値と実燃費の差が約1kmほどしかなく、 トレイルホークはカタログ値に近い燃費性能を発揮できている方も多数いるようです。 そして、ジープレネゲードの燃費の口コミ評価ですが、燃費に関する口コミには下記のような内容がありました。 レネゲード 燃費口コミ ・街乗り平均11km、混んでないと14km。 レネゲード ロンジチュード ・坂道を上る普段使いで11km、遠出だと16~17km レネゲード リミテッド ・街中ちょい乗りで9~9. 5km、もう少し伸びてほしい。 レネゲード リミテッド ・リッター10. 3km レネゲード トレイルホーク ・買い物、週末ドライブで8km台。 レネゲード トレイルホーク レネゲードは 口コミで寄せられていた燃費はロンジチュード、リミテッドが9~11kmほど、トレイルホークが8~10kmほどの報告が多めに確認できました。 実燃費平均と比べると、ロンジチュード、リミテッドは実燃費より少し下回っていますが、トレイルホークは実燃費平均以上の記録を出せている方も多いようです。 また、高速などの混んでいない道では、ロンジチュード、リミテッドでリッター14~16kmほどの記録を出せている方もいるので、発進、停車が少なければ燃費性能は大きく伸びるのではないかと思われます。 ただし、街中の発進、停車が多い場所では、各グレード共に実燃費平均を下回る結果も報告されているので、街乗りでは実燃費平均より燃費性能が落ちるかもしれません。 ジープレネゲードは口コミでの燃費報告と実燃費に大きな差はあまりなく、走行環境が良ければカタログ値に近い性能で走行できる可能性も十分あると思います。 jeep-japan. html ジープレネゲードを購入候補として考えている場合、価格に関する口コミ評価はどうなのか、気になりますよね。 レネゲードは他のジープ車に比べて価格は安めで、口コミには価格に関する評価、意見も寄せられています。 まず、ジープレネゲードのカタロググレードの価格を確認してみましょう。 ベースグレードのロンジチュードは299万円から販売されていて、レネゲードの中で本体価格が唯一300万円を下回っています。 リミテッドは337万円から購入が可能で、ロンジチュードと比べると35万円以上価格がアップしています。 しかし、リミテッドは各種装備がアップグレードされていて、ボディーカラーの選択可能数も増えているので、価格アップした分の性能向上は図られていると思います。 トレイルホークは365万円から販売されていて、リミテッドより25万円以上価格が上がっています。 ただ、トレイルホークは2. 4Lガソリンエンジンを搭載し、4WD駆動を採用したオフロードに強いモデルなので、オフロード走行メインの方はトレイルホークを選ぶ方も多いようです。 ジープ車はベースグレードでも400万円を越えているモデルもあるので、レネゲードは価格面を見ると外車ながら価格が抑えられていると感じられます。 そして、レネゲードの価格口コミですが、価格に関する口コミには下記のような意見がありました。 レネゲード 価格口コミ ・装備が良く、300万円台ならお買い得に感じた。 ・トレイルホークを380万円台に抑えられた。 ・外車SUVにしては安い方だと思います。 ・国産車よりは高いですが、輸入車と考えるとバーゲンプライス。 口コミを確認したところ、 レネゲードの価格面は良い評価が多めで、価格に不満を感じている方はほとんどいませんでした。 みんカラ、価格. comなどの口コミサイトでは、リミテッド以上のグレードを購入している方が多めでしたが、300万円台ならお得と感じている方は多く確認できています。 また、トレイルホークを購入した方からも値引き込みで380万円台に抑えられたという報告が寄せられていて、 上位グレードでも価格面に不満を感じている方は少ないようです。 ジープレネゲードは価格面に関する口コミ評価は悪くなく、外車ながら最上位グレードが400万円台以下で購入できる点は高評価を寄せている方も多数確認できました。 グレード名 全長 全幅 全高 ロンジチュード リミテッド 4,255mm 1,805mm 1,695mm トレイルホーク 4,260mm 1,805mm 1,725mm レネゲードは一部グレードによって車体サイズが異なっています。 ロンジチュード、リミテッドとトレイルホークのサイズを比べると、 ロンジチュード、リミテッドのほうがサイズが小さく、取り回しが良いのではないでしょうか。 ただ、レネゲードは各グレードの全長が4,255~4,260mmと小さく、国産車のコンパクトSUV車と比べても車体全長が短いので、トレイルホークを選んでもサイズで不満を感じることはないと思われます。 そして、レネゲードの車体サイズに関してですが、口コミサイトを確認したところ、下記のような評価が寄せられていました。 レネゲード サイズ口コミ ・レネゲードはコンパクトで運転しやすく、操舵感も良い。 ・車のサイズの割りに操作感、加速申し分なし。 ・コンパクトSUVながら車内の狭さは感じにくい。 ・車体サイズが抑えられている為、荷室スペースは少し狭い。 レネゲードはサイズに関する口コミは良い評価が多めで、車体サイズ、内装の大きさに関する意見も確認できました。 最初に車体サイズに関する口コミですが、レネゲードは車体サイズがコンパクトで、運転しやすいと評価している方が複数確認できました。 さらにサイズが抑えられているのにレネゲードは操作感が良いと評価している方もいて、取り回しの良さも高評価を受けているように感じられます。 車体サイズに関しては多くの方が満足しているようで、レネゲードは車の大きさに関しての不満意見はほとんどありません。 次に車内のサイズですが、 レネゲードは車内の大きさに関しても満足している方が多めで、セカンドシートでも狭さを感じないという意見も確認できました。 車内サイズに関する意見では、レネゲードは全高が大きいので、ヘッドスペースが広く確保できているという意見もあって、車内の快適さも高い印象を受けます。 ただ、荷室スペースに関しては狭いと感じている方もいて、大きな荷物を積み込む機会が多い方は荷室スペースに少し不満を感じてしまうかもしれません。 ジープレネゲードは車体サイズの口コミ評価は高めで、車内の評価も悪くなく、荷室スペースの広さを重視しないならコンパクトSUVの候補に入れてみるのも良いと思います。 jeep-japan. html 今回はジープレネゲードの口コミ情報について紹介してきました。 レネゲードは価格、サイズに関する口コミは良い評価が多めで、最上位グレードの価格にも満足している方が多数確認できました。 サイズも車体サイズ、車内サイズ共に満足している方は多く、コンパクトSUV車ながら室内は拾いと感じている方もいるようです。 また、レネゲードは燃費に関しても多数の報告が寄せられていて、口コミ燃費には実燃費平均以上の記録も寄せられていました。 ただ、 レネゲードは故障に関する報告が多めで、総評を悪く評価している方もいます。 特に異音に関する報告は多く、軽微な不具合の報告も多数あって、故障リスクが気になる方はレネゲードの評価を見て候補から外してしまうのではと感じました。 ジープレネゲードは故障発生数が多いので、悪い口コミ評価も複数ありますが、燃費や価格、サイズは良い評価を受けているので、燃費が良く、価格を抑えて購入できる外車コンパクトSUVを求めている場合には、候補に入れてみるのもいいかもしれません。 愛車の査定を50万円以上、高く査定してくれるのは楽天査定! 「愛車の売却どこにしたらいいか分からない…」 「愛車の売却は近くの中古車販売で妥協しようか…」 「下取りで値引きを大きくしたい…」 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 などあなたにも 悩みがあるのではないでしょうか。 1,値引きを大きくして 新車を安く買いたい! 2,愛車を高く売りたい! こんなあなたの望みを叶える オススメの裏ワザを ご紹介します! 下取り、愛車の売却は無料の一括査定サイトを使い最高値で売る! ディーラーで20万円の下取りが 一括査定を使い80万円になることも 多々あります。 一括査定ではあなたの 愛車をガリバーなど 大手下取り会社の 複数業者が 無料査定をしてくれるのです。 ここで出た 最高値で 車を売却することができます。 またその最高値を ディーラーに伝え 値引き交渉に使うことで 値引きの限界を引き出す ことも可能です。 一括査定を使うことで 愛車を最も高く 売却することが出来るのです。

次の

【ジープ レネゲード 改良新型試乗】生活パートナーでありながらジープのキャラ…河口まなぶ

ジープ レネゲード

製造国 販売期間 2015年— 5 5ドア ガソリン: 1. 4Lガソリンターボ マルチエア 直列4気筒 1. 0Lディーゼル マルチジェット 直列4気筒 2. 725mm 2,570mm 姉妹車 ので発表された同名のレンジエクステンダー搭載のが源流であり 、そのデザインテイストを随所に反映させながらの下に位置する車種として開発され、3月ので。 外観はジープの原点であるの現代版をイメージしてデザインされ、ブランドの伝統に従ってセブンスロットグリルと台形のホイールアーチを採用する一方で、1940年代、がガソリンの運搬に用いたジェリー缶をモチーフにした「X」型のデザインが室内外の至る所に隠されている。 フィアットブランドで販売されるは、レネゲードと基本メカニズムの大半を共用するであり、ともに欧州、日本市場向けはイタリア・にあるSATAで生産されるが、レネゲードの北米市場向けは2015年4月に開所した・にあるFCAゴイアナ工場ならびにと系列であるとの合弁会社「FMMペルナンブーコ・コンポネンテス・オートモーティボス」の2工場で生産される。 追って、の広州汽車との合弁企業でも生産される予定である。 エンジンは、ガソリンが「マルチエア」と呼ばれる1. 4Lの(出力特性により欧州向け「マルチエア2」と北米向け「マルチエア」の2種が存在)とにも搭載される「タイガーシャーク」と呼ばれる2. 4Lの2種、は「マルチジェット」と呼ばれる1. 6Lと2. 0Lの2種のターボを市場に応じて使い分けるが、北米市場へはガソリンエンジンのみが投入される。 トランスミッションは6速、6速、製9速(マニュアルモード付)の3種がエンジンと市場に応じて組み合わされるが、日本では、4WDの場合、エンジンの種別に関わらず全て9速ATとなる。 米国では、ラチチュードとスポーツに於いて、2WDと6速MTと1. 4Lターボエンジンが標準の組み合わせで、4WDもATもオプションであり、4WDと6速MTの組み合わせは可能である。 ただし、2. 4Lエンジンを選んだ場合は9速ATとの組み合わせのみとなる。 は全車が電動式を採用する。 駆動方式はとがラインナップされるが、500Xともども、4WDシステムの開発はクライスラーが担当している。 4WDは、惰性走行などエンジン負荷が低いときには後輪の駆動力をカットし、一時的にFFとすることで燃費向上に貢献するシステムを採用。 なお、この切り替えは運転状況に応じて自動的に行われる。 グレードはチェロキー同様、オンロード志向の「Sport」、「Latitude」もしくは「Longitude」(日本では後者の「Longitude(ロンジチュード)」)、「Limited」と「アクティブドライブロー」採用で悪路走破性を高めた「Trailhawk」の計4種から構成される。 日本での販売 [ ] 2015年7月13日、FCAジャパンは同年秋に日本市場に導入することを発表し 、7月24日-26日に開催されたでは発売前の日本仕様の実車が展示された。 2015年9月1日、日本仕様を発表。 グレードはFFが1. 2016年6月29日、特別仕様車「Jeep Renegade Black Edition」を7月16日から発売すると発表。 「Longitude」をベースに、ボディカラー・シート・グリル・アルミホイール等にブラックを採用し、通常ではメーカーオプションでも設定されない「LaneSense(車線逸脱警報プラス)」「前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)」「ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション」「Parkview(リアバックアップカメラ)」を特別装備しながら価格を中位グレードの「Limited」よりも約10万安くした。 150台の限定。 2017年9月23日、日本での発売2周年を記念した限定車「Renegade 2nd Anniversary Edition」を発売。 カラーはアルパインホワイトのみの設定で100台限定。 「Longitude」をベースに、通常はアルパインホワイトには設定されないブラックインテリアを採用し、更にスイスのM-CRO社製キックボード「マイクロ・ホワイト・インターロック」をプレゼントとして追加しつつ、価格をベースモデルより税込172,800円安くしている。 2018年6月9日、仕様向上。 標準搭載するディスプレイオーディオがApple とに対応したUconnectシステムになり、液晶サイズもロンジチュードは7インチ、リミテッドとトレイルホークはナビ機能付きの8. 4インチにそれぞれインチアップ及び機能強化された。 ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションおよびParkviewリアバックアップカメラの採用モデルを全車に拡大されている他、リミテッドとトレイルホークのボディ設定色を拡大、ロンジチュードとリミテッドのシートデザインも変更された。 同時に、ロンジチュードをベースとした限定車「Night Eagle」を発売。 2017年6月に発売した「Night Eagle」の第2弾で、ボディカラーはカーボンブラックメタリックとレネゲード初設定となるグラナイトクリスタルメタリックの各100台(計200台)。 エクステリアではグロスブラックのリアバンパーディフレクターやフロントフォグランプベゼル、18インチグロスブラックアルミホイール等で精悍さを高めた。 また、通常はリミテッド以上の装備になるLaneSense車線逸脱警報プラス、クラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付前面衝突警報、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパー、運転席2ウェイパワーランバーサポート、リバーシブル式高さ調整機能付カーゴフロアで利便性と快適性も向上した。 2018年9月15日、限定車「Matte Green」と「Safety Edition」を発売。 「Matte Green」はトレイルホークをベースに、レネゲードでは初となるマットグリーンのボディカラーを採用。 通常はオプションとなる地上デジタルTVチューナーを特別装備した。 限定は100台。 「Safety Edition」はロンジチュードがベースで、上位モデルであるリミテッドに装備されているLaneSense車線逸脱警報プラス、前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを装備しつつもベースモデルの1万円高という価格に抑えたモデル。 カラーはアルパインホワイトとアンヴィルが80台、オハマオレンジとソーラーイエローが20台の計200台限定。 このうちソーラーイエローは、ベースモデルのロンジチュードでは設定が無かったカラーになる。 2019年2月23日、マイナーチェンジ。 グレードはこれまで通りの「ロンジチュード」「リミテッド」「トレイルホーク」の3種。 上位グレードの「リミテッド」が同日に発売され、「ロンジチュード」「トレイルホーク」は同年5月18日発売。 フロントフェイシアの色やデザインが一新され、「リミテッド」「トレイルホーク」のヘッドライトは新設計になりラングラーにインスピレーションを得た意匠に変更され、ハイ・ロー・フォグランプの全てがLED化された。 ホイールデザインも一新し、パワートレインには1. 4l直列4気筒マルチエア2エンジンを新たに採用した(トレイルホークはハイチューン仕様)。 他には、ドアミラーにオート格納機能が追加されたほか、オーディオナビゲーションシステムのUconnectには、地上デジタルTVチューナーが標準装備された。 2019年6月15日、限定車「Night Eagle」を発売。 マイナーチェンジ後初となる限定車でシリーズ第3弾。 ロンジチュードをベースに前回同様フロントグリル、リアバンパーディフレクター、テールランプベゼル、フロントのJeepバッジ、18インチアルミホイールをグロスブラックで統一し、内装にもグロスブラックのアクセントを施し、ソフトタッチ素材のドア内張り、革巻きステアリングホイール、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを特別装備した。 2019年7月25日、限定車「BIKINI Edition」を発売。 限定は100台。 なお、ラングラーにも同様のコンセプト、カラーで「Wrangler Unlimited BIKINI Edition」が同日に発売された。 2020年5月9日、限定車「Night Eagle」を発売。 今回はレネゲードだけでなくとにも設定される。 レネゲードはシリーズ第4弾で、ロンジチュードをベースに前回同様フロントグリル、リアバンパーディフレクター、テールランプベゼル、フロントのJeepバッジ、18インチアルミホイールをグロスブラックで統一し、内装にはピアノブラックのアクセントが追加されている。 これに加え、ロンジチュードで設定がないオートヘッドライトおよび雨量感知機能ワイパーを追加した。 車名 [ ] で「」を意味する。 車名はかつてCJ-7や、KJ型チェロキーなどで使用されたグレード名をそのまま転用しているが、その理由は 「全く新しいフレームや技術で造られたものに伝統の名をつけることで、新世代のジープを物語ることが出来るから」である。 関連項目 [ ]• - 2代目はレネゲードとプラットフォームを共用。 脚注 [ ]• Web Magazine OPENERS 2014年3月10日(2015年2月14日 閲覧)• 2014年3月6日(2015年2月14日 閲覧)• FCAジャパン 公式サイト内 2015年7月13日(2015年7月29日 閲覧)• 2015年7月28日• - FCAジャパン 2016年6月29日• - FCAジャパン 2017年9月14日• - FCAジャパン 2018年5月31日• - FCAジャパン 2018年9月7日(2018年9月7日閲覧)• - FCAジャパン 2018年9月7日(2018年9月7日閲覧)• - FCAジャパン 2019年2月14日(2019年4月11日閲覧)• - FCAジャパン 2019年4月11日(2019年4月11日閲覧)• - FCAジャパン 2019年6月3日(2019年6月5日閲覧)• - FCAジャパン 2019年7月16日(2019年7月17日閲覧)• webCG. 2019年7月18日閲覧。 - FCAジャパン 2020年4月27日(2020年4月28日閲覧)• 2015年2月13日(2015年2月14日 閲覧) 外部リンク [ ]• (英語)• FCAジャパン 公式サイト.

次の

ジープ・レネゲード(クライスラー・ジープ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

ジープ レネゲード

戦略的な価格設定をめざすtext:Hilton Holloway(ヒルトン・ホロウェイ) は、AUTOCARの本拠地、英国にて2020年6月に発売予定のSUV、レネゲードのパワフルなプラグインハイブリッドバージョンの詳細を明らかにした。 ジープのプロダクト・マーケティングの責任者マルコ・ピゴッツィは、レネゲードPHEV(plug-in hybrid electric vehicle)の断面図を公開しながら、「多くの台数を販売する」ために「積極的な」価格付けがされるだろうと述べた。 ジープ・レネゲードPHEV レネゲード・プラグインハイブリッドの詳細 新しいモデルは、現行のレネゲードをベースとしていて、リアサブフレームに136psのリアマウント電動モーターが追加される。 バッテリーは、フロアパンのセンタートンネルからリアシートの下にわたる部分に取り付けられている。 燃料タンクもリアシートの下部分にあり、容量は39Lと小さめ。 ボンネットの下には、179psの4気筒ガソリンターボエンジンが搭載されていて、6速自動ボックス(標準の9速ユニットの代わり)を介して前輪を駆動する。 エンジンには、ベルトアクティブジェネレーターも備えられていて、ブレーキ時やコースティング走行中にバッテリーを充電することができる。 モーターが後輪を駆動する純粋なEVモード、前輪を駆動する純粋なガソリンエンジンモード、およびジェネレーターがエンジンを補助するAWDハイブリッドモードがある。 バッテリーを「保留」にしておくと、市街地などで使用するために電力をとっておくことができる。 リアモーターが正確に制御された26kg-mのトルクを提供し、後輪間で分割できるためオフロード走行能力が大幅に向上するとシープは述べている。 「TRAIL RATED」バージョンは、最大水深60cmの川や冠水したアンダーパスの走行が可能だ。 インテリアの広さはそのまま ピゴッツィは、プラグインバージョンを設計する際、インテリアやリアキャビンを狭くしたり、トランクの床を上げたりせずにすむよう心掛けたという。 電子制御システムの一部がトランク壁に取り付けられているため、燃料タンクを15L小さくしたことが唯一の変更だ。 ジープ・レネゲードPHEV レネゲードPHEVは、ディーゼルレネゲードより重いものの、その差はたった120kgだけとなっている。 レネゲードPHEVは、夏にメキシコからイタリアへの生産工場切り替えに合わせて発売されるコンパスのハイブリッドモデルと共に2020年初頭に発売される。 外部サイト.

次の